アルファー・ゾル-G 高圧注入止水工法

コンクリート建造物の打継部・ひび割れ(クラック)等の漏水補修に最適です。
水性エマルションタイプなので、無毒で引火性もなく安全です。
高圧注入用プラグ(ニックナイン-P)を介して、止水剤を漏水箇所に注入することで漏水の原因である水みちを閉塞し止水することを目的と致します。

施工対象

地下躯体・地下駐車場など

洞道

配管周り

エレベーターピット

コンクリート構造物の打継部・ひび割れ(クラック)
コールドジョイント・セパレーターなど、施工後に発生した漏水補修に適用する。

コンクリート構造物、共同溝、防水層の再生、地下構造物、配管切付、カルバート目地、セグメント目地、打継、トンネル、ビル・マンション屋上、ガレージ、外壁、橋梁・橋台、護岸、免振構造物、下水、用水路、ダム、意匠性の高い構造物(美術館等)等

工法の特長

  1. 水性エマルションタイプの製品です。無毒で引火性もなく安全です。
  2. 絶妙な粘度と流動性によって、微細なひび割れ・空隙まで入り込み、閉塞・充填します。
  3. 地下などの閉鎖な箇所でも、有機溶剤を含まない水性材料のため、作業員・環境ともに安全。
  4. 硬化後の弾力性に富んでいて、体積減少が無く、長期間安定した止水性能を発揮。

物性

主成分=特殊ポリマー(アクリル樹脂・石油樹脂)
伸び率=300% 吸水率=0% 耐熱性=-10℃~60℃で安定

使用方法

  1. 削孔 漏水部(ひび割れ等)を横断するΦ10mmの削孔を行う。
  2. 注入 注入プラグを取り付け、ポンプを利用しアルファー・ゾル-Gを注入していく。
  3. 処理 注入プラグを取り外し穴跡処理を行う。